堅実な人向け!クレカ✕積立投信で(ほぼ)確実に運用益を出す方法

今回は、クレカ✕積立投信で(ほぼ)確実に運用益を出す方法のご紹介です。

クレカ✕積立投信で(ほぼ)確実に運用益を出す方法の仕組み

これまでのサービス

これまで多くの証券会社はクレジットカードでの投資信託の販売には積極的ではありませんでした。カード決済を導入すると、証券会社は、クレジットカード会社にカード決済の手数料を支払わなければなりませんので、その分の金銭的な負担が生じることが主な理由として考えられます。

新しいサービス

今ではいくつかの証券会社がクレジットカードでの投資信託を取り扱っています。グループにカード会社や証券会社があれば、グループ全体のビジネスの相乗効果が得られ、顧客の囲い込みができるからです。

「楽天カード」と「楽天証券」の組み合わせでサービスを提供している楽天グループや、子会社としてtsumiki証券を持ち、グループが発行する「エポスカード」との組み合わせで同様のサービスを提供している丸井グループがその典型例です。

貯まったポイントで、他の買い物に使うこともできれば、そのポイントで投資信託を買い付けることもできます。さらに、その投資信託を解約することで現金化することもできます。

今回ご紹介の方法はこの仕組みを利用しています。

メリット

日本では低金利が続いていますので、銀行の普通口座に預金した場合はほぼ金利はつきません。定期預金であっても長い間資金を拘束される割にはたいした金利は期待できません。

かといって、株などのリスクの高い金融商品への投資に抵抗を持つ方が多いのも事実です。リスクの高い金融商品は運用の結果増えるかもしれませんが、減るかもしれません。そのようなリスクを極力減らして安全に運用したいというニーズはあります。

そのようなニーズに今回ご紹介の方法はぴったりです。運用利回りはだいたい1%ほど(プラン・証券会社によって異なる)ですが、ほぼ確実に運用益を上げることができます。

必要なもの

クレカ✕積立投信で(ほぼ)確実に運用益を出すために必要なものは以下のとおりです。

  • クレジットカードで投資信託の積立ができて、さらにカードのポイントが貯まる証券会社の口座
  • 証券会社ごとに対応するクレジットカード
  • 毎月の積立資金
  • 投資信託(国債中心のローリスクなもの)

クレジットカードで投資信託の積立ができて、さらにカードのポイントが貯まる証券会社の口座

投資信託を購入するには証券会社との口座開設が必要です。

なお、ご紹介の方法は、どの証券会社でもOKというわけではありません。クレジットカードで投資信託の積立ができて、さらにカードのポイントが貯まる証券会社はまだ少ないです。

以下の証券会社がこのサービスを実施しています。

  • 楽天証券
  • SBI証券
  • tsumiki証券

証券会社ごとに対応するクレジットカード

上記の証券会社で口座開設をしたとしても、どのクレジットカードからの決済(引去)でもポイントが得られるわけではありません。

例えば、楽天グループの楽天証券なら、当然、楽天カードでの決済がポイント獲得の条件になります。したがって、各証券会社ごとに対応するクレジットカードを持っていることが必要です。

先程ご紹介の証券会社ごとに対応するクレジットカードは以下のとおりです。

  • 楽天カード(楽天証券)
  • 三井住友カードが発行したVポイントが貯まるカード(SBI証券)
  • エポスカード(tsumiki証券)

毎月の積立資金

毎月の積立上限金額はどの証券会社も5万円まで

毎月決まった額を投資信託の購入に充当しますので、毎月の積立資金が必要です。

なお、今回ご紹介の方法での運用には上限があります。

記事を作成している2021年11月時点では、ご紹介の3社ともクレジットカードでの積立投信が可能な金額は毎月5万円が上限になっています。(※一部例外あり。NISAなど)

無制限に積み立ててもポイントが得られるわけではありませんので注意しましょう。

毎月5万円に対して、仮に1%の運用益でも馬鹿にできません。毎月500円の運用益がほぼ確実に得られます。年間では6,000円です。5年間続けると3万円です。

リスクとリターンには密接な関係があります。リスクが高いほど高いリターンが期待できますが、損失の可能性も高くなります。逆に、リスクが低ければ安全性が高まる分、得られるリターンは限られます。

今の低金利時代に、同じような確実性(リスクの低さ)で今回ご紹介の運用益を得られる他の方法は少ないと思います。

投資信託(信託報酬が安くかつ国債中心のローリスクなもの)

ほぼ確実に運用益を出すための最大のポイントは、購入する投資信託のタイプです。以下の2つの条件を満たしているものを選びましょう。

信託報酬が安いもの

信託報酬とは、平たく言うと投資信託の運営費用です。

信託報酬はパーセント(%)で表されます。購入した投資信託の価格から、その率(%)に応じて自動的に信託報酬が差し引かれます。証券口座に表示されている取引価格はすでに信託報酬が差し引かれた額ですので、別途支払う必要はありません。

実際の支払いが生じないので気づきにくい費用ではありますが、費用は費用ですので、できるだけ信託報酬が安いほうがコスト面では望ましいです。

日本国債中心のローリスクなもの

日本国が発行する国債はもっともリスクが低いものの一つとされています。したがって、日本国の発行する国債に投資している投資信託を運用商品とすることで、安全性を最優先にします。

国債といっても外国の国債(例、米国債)は今回ご紹介の方法にはふさわしくありません。たとえ健全性は高くとも為替の変動の影響を受けますし、国によってはデフォルト(≒国債が無価値になる)のリスクもあります。

具体的な商品名

上記の2つの条件で絞った場合の具体的な商品名は次のとおりです。

Smart-i 国内債券インデックス

eMAXIS Slim 国内債券インデックス

<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド

なお、後述しますが、tsumiki証券ではこれらの商品を選択することはできません。「まるごとひふみ15」という商品が一番近い商品になります。

貯まったポイントは投資信託を経由して換金できる!

「ポイントはお金とは違う」、「ポイントは運用とは違う」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、貯まったポイントを再度、投資信託などの金融商品の購入に充当し、さらにその金融商品を解約することで、現金化することができます。

ひと手間かかってしまうのですが、貯まったポイントをワンクッション経て現金化させることができるのです。

これからは貯まったポイントの使い道に迷って無駄な買い物をする必要はありません。「ポイント投資→解約(換金)」でキャッシュ化すればよいのです。

3社の比較

楽天証券:楽天経済圏にいるならおすすめ

楽天経済圏にいるなら、楽天証券がおすすめです。

カード決済額100円につき1ポイントの楽天ポイントが楽天カードから付与されます。
楽天ポイントを使った投資もできます。貯まったポイントでさらに投資をしたり、他の買い物やサービスに充当したりと、幅広い使い方ができます。

前までは貯まったポイントの使い道に悩んでいた方も、ポイント投資にすればムダはありません。先程ご紹介のとおり、貯まったポイントを投資信託を経由して換金することだってできるからです。

次にご紹介する2社は、高いポイントを得るためにはゴールド・プラチナ系のカードを所有している必要がありますが、楽天証券なら年会費無料のカードで大丈夫な点もおすすめポイントです。

楽天経済圏にいる方なら、まずは楽天証券を第一候補とされることをおすすめします。

SBI証券:「つみたて投資ポイントアッププラン」がおすすめ

ご紹介の3社の中で最近サービスを開始したのがSBI証券です。

基本は、積立額の0.5%です。

しかしながら、カードによって、ポイントがアップします。これを「つみたて投資ポイントアッププラン」と呼んでいます。

「つみたて投資ポイントアッププラン」の概要は次のとおりです。

  • 1%貯まるカード:その名の通り、0.5%ではなく、1%貯まります。
  • 2%貯まるカード:その名の通り、0.5%ではなく、2%貯まります。

対象のカードは次のとおりです。

1%貯まるカード

  • 三井住友カード ゴールド VISA/ Mastercard
  • 三井住友カード ゴールド PA-TYPE VISA/ Mastercard
  • 三井住友カード ゴールド(NL) VISA/ Mastercard
  • 三井住友カード プライムゴールドVISA/ Mastercard
  • 三井住友カードゴールドVISA(SMBC)
  • 三井住友カードプライムゴールドVISA(SMBC)
  • 三井住友ビジネスゴールドカード for Owners(VISA/ Mastercard)
  • 三井住友銀行キャッシュカード一体型カード (ゴールド/プライムゴールド)

2%貯まるカード

  • 三井住友カード プラチナ VISA/ Mastercard
  • 三井住友カード プラチナ PA-TYPE VISA/ Mastercard
  • 三井住友ビジネスプラチナカード for Owners(VISA/ Mastercard)
  • 三井住友カード プラチナプリファード

さらに、期間限定ですが、キャンペーンの上乗せがあります。※2021/12/10(金)まで

「スタートダッシュキャンペーン」の概要は次のとおりです。

  • 基本の0.5%に1%加算され、1.5%に!
  • 1%貯まるカードに1%加算され、2%に!
  • 2%貯まるカードに1%加算され、3%に!

このように、期間限定ではありますが、最大3%のポイント還元が得られます。

tsumiki証券:プラチナ・ゴールドカードなら検討の価値あり

tsumiki証券は、通常のエポスカードでの積立投信をした場合は、初年度はたったの0.1%分しかポイントが付与されません。

1年ごとにポイントは0.1%ずつ上乗せされるのですが、それでも5年目の0.5%が上限です。

ところが、プラチナ・ゴールドカードなら少し話は変わってきます。プラチナ・ゴールドカードには年間利用額に応じてボーナスポイントがもらえる特典があるからです。

なんと、積立額も年間利用額の集計対象になります。

ポイント獲得の最低ラインは以下のとおりです。

ゴールドカード:年間利用額50万円以上で2,500Pのボーナスポイント獲得

プラチナカード:年間利用額100万円以上で20,000Pのボーナスポイント獲得

ゴールドカードの場合、月に5万円の積立なら、年間で60万円分になりますので、2,500Pのボーナスポイント獲得はクリアです。なお、ゴールドカードの次のステージは、「年間利用額100万円以上で10,000Pのボーナスポイント獲得」です。

プラチナカードの場合は、年間60万円分積み立てたとしてもあと40万円分届きません。しかしながら、その他の買い物での利用額も合算できますので、カード利用を一つにまとめることで20,000Pのボーナスポイント獲得にぐっと近づくことができます。

このように、tsumiki証券なら、プラチナ・ゴールドカードとの併用がおすすめです。

なお、tsumiki証券の取扱商品は極端に少ないことには注意が必要です。取扱商品は5つしかなく、いわゆる債券型は1つしかありません。

その一つが「まるごとひふみ15」です。85%は債券ですが、残りの15%は株式が組み込まれています。さらに、組み込まれている債券を100%とした場合、為替の影響を受ける海外の債券が約37%を占めています。この構成ではリスク変動が高めになってしまいます。

注意点・テクニック

国債中心の投資信託はローリスクだがゼロリスクではない

ご紹介の方法を、「(ほぼ)確実に」ではなく「確実に」と本当は言いたかったのですが、「ほぼ」としたのには理由があります。

たとえ国債中心で安全性が高いと言っても、リスクがまったくないわけではありません。想定はしづらいですが、日本国がデフォルトに陥り、投資信託で運用している国債が無価値になった場合は損失が生じます。

国債中心の投資信託はローリスクだがゼロリスクではないことを理解しましょう。

ポイントが加算される積立額には上限がある

この低金利時代に、1%ほどでもほぼ確実に運用益を得られる方法があるのはありがたいことです。しかしながら証券会社ごとに月々5万円の上限があることにはご説明差し上げたとおりです。

資金力があり、ご紹介の方法を最大限活用したい方には、単純ですがいい方法があります。それは、複数の証券会社で最大5万円の積立をすることです。

積立と現金化のサイクルで運用資金を循環化させる

また、積立用の運用資金はループさせることができます。

例えば、60万円の資金が手元にあり、毎月5万円ずつ積み立てるとします。1年後に約60万円分になっているはずの投資信託をすべて解約して現金化し、また次年度の積立資金に充当すればよいのです。

このように資金をループさせることで限られた資金を最大限に活用することもできます。

投資信託に運用益が出た場合、利益分が解約時(≒換金時)に課税対象となる(NISAなどの場合を除く)

投資信託に運用益が出た場合は、利益分が解約時(≒換金時)に課税対象となります。(NISAなどの場合を除く)

各サービスの公式サイトはこちら

詳しくは以下の公式サイトにてご確認ください。

楽天証券の公式サイトはこちら

楽天カードの公式サイトはこちら

SBI証券の公式サイトはこちら

三井住友カードが発行したVポイントが貯まるカードの公式サイトはこちら

tsumiki証券の公式サイトはこちら

エポスカードの公式サイトはこちら(⇓)

最後に

かなのん

いかがでしたでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

楽天証券の公式サイトはこちら

楽天カードの公式サイトはこちら

SBI証券の公式サイトはこちら

三井住友カードが発行したVポイントが貯まるカードの公式サイトはこちら

tsumiki証券の公式サイトはこちら

エポスカードの公式サイトはこちら(⇓)

Follow me!