【解説】株売却で利益が出たのでふるさと納税の確定申告をした話

かなのん

今回は、株売却で利益が出たのでふるさと納税の確定申告をしてみた話です。

目次

株売却で利益が出た場合は確定申告でふるさと納税の控除上限を上げられる


株式投資やFXで得た利益は、所得税の対象となります。

これらの譲渡所得や雑所得は、給与所得など他の収入とは別に課税されます。

確定申告でこれらの利益(所得)を申告すると、ふるさと納税の控除限度額が増加します。

増加する理由はふるさと納税の仕組みにあります。

ふるさと納税は、地方自治体に寄付をすることで、一部が所得控除や税額控除の対象となり、実質的な負担を軽減する制度です。

所得額が多い人ほど税金を納めていますので、税金の移し替えとも言えるふるさと納税の利用枠も拡大します。

そのため、株式の売却などで所得が増えた場合も、ふるさと納税の限度額も増加することになるのです。

ただし、所得が増加することによって、国民健康保険料の上昇や補助金の受給制限などの経済的デメリットが発生する可能性もあるため、注意が必要です。

私の場合:特定口座(源泉徴収あり)

私の場合、証券口座はすべて「特定口座(源泉徴収あり)」としています。

本来、「特定口座(源泉徴収あり)」であれば、利益が出た時点で自動的に税金を納めているので確定申告は不要です。株式売却などの取引ごとに税金分があらかじめ引き去られ、残額が精算されるためです。

ただし、そのままでは所得にカウントされないため、ふるさと納税の限度額は変わりません。
ふるさと納税の控除限度額を増やすためには、確定申告をして所得に含める必要があります。

年間取引報告書は証券会社からにXMLファイルとしてデータ取得

株の売却に関する確定申告を行う際に必要になるのが年間取引報告書です。

これは取引している証券会社ごとに発行されます。

複数の証券会社と取引している場合はそれぞれの年間取引報告書を合算して集計する必要があります。これを手作業でやるととても面倒ですし、計算ミスも起こりやすくなります。

しかしながら、今はそのような手作業はせずに、各証券会社から簡単にXMLファイルとして受け取ることができます。

複数の証券会社からのデータ(XMLファイル)を確定申告のサイトにアップロードすれば、自動でまとめて転記・計算してくれますのでとても便利です。

証券会社ごとのデータ取得方法については証券会社の公式サイトなどでご確認いただけます。

主要なネット証券の年間取引報告書(XMLファイル)のダウンロード画面は次の通りです。

SBI証券

「ホーム」⇒「口座管理」⇒「電子交付書面」⇒「電子交付サービス(電子交付書面閲覧サービス)」⇒「閲覧」

マネックス証券

「ホーム」⇒「保有残高・口座管理」⇒「電子交付書面」

楽天証券

「ホーム」「マイメニュー」「口座管理」「取引報告書等(電子書面)」

確定申告サイトでのアップロードのやり方

確定申告サイト(国税庁 確定申告書等作成コーナー)でのアップロードのやり方をご説明します。(最初からの説明は省略させていただきます。)

画面の指示に従って「収入金額・所得金額の入力」まで進みます。

下にスクロールすると「分離課税の所得」があります。ここから「株式等の譲渡所得等」の「入力する」を選択します。

「金融・証券税制(入力項目の選択)」の画面が表示されます。

画面を下にスクロールすると「2 株式等の売却・配当・利子等の入力」があります。

その下にある「「特定口座年間取引報告書」の内容を入力する」を選択します。

以下の画面が表示されますので「データで交付された特定口座年間取引報告書の入力」を選択します。

「ファイルを選択」をクリックして、あらかじめ証券会社から取得したデータをアップロードします。

アップロードが終わったら「選択したファイルを読み込む」をクリックします。

なお、下の例では3つのファイルをアップロードしています。

入力内容を確認して「次へ進む」を選択します。

なお、「申告する所得」の欄は「譲渡所得」だけで大丈夫ですので、「譲渡所得」だけを選択しましょう。

また、この画面の上部には以下の注意書きがあります。

読み込んだ特定口座年間取引報告書のうち、項番の背景色がピンク色となっているファイルに外国所得税の額が含まれています。

「金融・証券税制(特定口座)」画面では、外国所得税の額は計算対象外のため金額が引き継がれません。

外国税額控除を受ける方は、「外国税額控除の入力」画面から入力を行ってください。

なお、特定口座年間取引報告書に記載された外国所得税の額がお分かりにならない方は、ファイルの交付元にお問合せください。

つまり、この画面で読み込んだデータには、外国所得税の金額は引き継がれないため、外国税額控除を受ける場合は、「外国税額控除の入力」という別の画面で入力が必要になります。

注意しましょう。

かなのん

外国税額控除の確定申告の流れと記載例についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

あわせて読みたい
(2023年更新)図解で分かる!外国税額控除の確定申告の流れと記載例 かなのん 今回は、外国税額控除の確定申告の記入方法・記載例について説明いたします。 これで二重払いとなった税金の還付を受けましょう! 【外国税額控除とは】 海外E...

また、同じ画面には以下の注意書きも表示されています。ご参考ください。

  • 特定口座(源泉徴収あり)の譲渡損益、配当等を申告するかどうかは、口座ごとに選択できます。
  • 特定口座(源泉徴収あり)の譲渡益と、その特定口座(源泉徴収あり)の配当等のいずれかのみを申告することもできます。
  • 特定口座(源泉徴収あり)の譲渡損失の金額を申告する場合には、その特定口座(源泉徴収あり)の配当等の金額を併せて申告  しなければなりません。

先ほどの画面で「次へ進む」を選択すると以下の画面が表示されます。

内容を確認して「入力終了(次へ)」をクリックします。

かなのん

株売却で利益が出た場合の確定申告のポイントは以上です。

(ここまでで申告手続きが終わるわけではありません)

ふるさと納税の確定申告の流れと記載例についてはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
(2024年更新)図解で分かる!ふるさと納税の確定申告の流れと記載例 かなのん 今回は、ふるさと納税の確定申告の記入方法・記載例について説明いたします。 【ふるさと納税の確定申告の記入方法】 「国税庁 確定申告書等作成コーナー」へ...
かなのん

最後までご覧いただきありがとうございました。

かなのん

投資を基礎から学びたい方には、「投資の達人になる投資講座」の無料動画がおすすめです。2時間ほどで見終わりますよ。

投資の達人になる投資講座

もっと便利に(無料で始められるクラウド確定申告ツール)



かなのん

副業をされている方や個人事業主の方、あるいはフリーランスの方で確定申告が必要な場合は、マネーフォワード クラウド確定申告がおすすめです。

それは以下のメリットがあるからです。

  • 銀行やクレジットカードの連携で、会計処理や経理事務が大幅に軽減されます。
  • 人工知能(AI)がビッグデータを元に勘定科目を提案しますので使うほど使うほど賢くなって、自動入力・自動仕訳が楽になります。
  • 操作方法に迷った際は、チャットやメール、電話にてサポートを受けることができます。
  • さらに確定申告に関する知識を得たいという初心者の方には、 確定申告の知識をサポートするe-Bookももらえます。

マネーフォワード クラウド確定申告は、無料で始めることが可能ですので、ぜひ以下の公式サイトにてチェックしてみてください。

あわせて読みたい

あわせて読みたい
資産運用で7000万円を手にしたサラリーマンの正体は?日常生活は? かなのん 今回は、金融資産7000万円の40代サラリーマンの日常生活をご紹介します。 【金融資産が7000万円に到達!】 金融資産が7000万円に到達した記事を書いたことがあ...
あわせて読みたい
FIREとは?8000万円で早期リタイアできる?40代のリアルな感想 かなのん 今回は、金融資産5000万円を到達しての、FIREに関するリアルな感想についてまとめました。 【FIREとは(経済的な自立・早期リタイア)】 FIREは、FIREムーブメ...
あわせて読みたい
じっくり育てよう!自慢できる?長期保有のメリットがエグい株主優待 今回は、長期保有のメリットがエグい株主優待を一挙公開します。 なお、記載している株主優待の内容は、記事作成時のものです。 【(はじめに)株主優待とは】 はじめに...
あわせて読みたい
金融資産7000万円の現役投資家が語る副業投資のメリットとデメリット かなのん 今回は、投資を副業にするメリットとデメリットについてまとめました。 【副業としての投資のメリットとデメリットについて】 かなのん 副業はかつては会社に...
あわせて読みたい
 現物不動産とJ-REIT:どちらが賢い選択か?に現役投資家が答える! 今回は、現物不動産投資とJ-REITの比較についてまとめました。 【現物不動産投資とJ-REITの比較について】 かなのん 現物不動産投資とJ-REIT、形は違えど、どちらも不動...
あわせて読みたい
株主優待を毎月もらうためのテクニックと組み合わせはこちら! 今回は、私の実際の保有銘柄から、株主優待が毎月もらえる組み合わせをご紹介します。 毎月おこづかいのように株主優待がもらえるとうれしいですよ。 【はじめに:株主...

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

かなのんです。
ごく普通の40代サラリーマンです。
企業型DC(企業型確定拠出年金)を含めた純金融資産の評価額は1億円超の「億り人」です!
投資や家計節約、ふるさと納税、使ってみて良かった商品などの記事を書いています!
ぜひいろいろチェックしてみてください!

目次