(2021年4月)Chromebookヘビーユーザーの私が次に狙う機種5選

今回は、Chromebookヘビーユーザーの私が次に狙っている機種5選をご紹介します。

Contents

(はじめに)私のChromebookについて

機種

今の機種は「Google Chromebook HP ノートパソコン 14.0型 フルHD IPSタッチディスプレイ 日本語キーボード 14a セラミックホワイト」です。

2020年10月に購入しました。

今の機種の主な使用目的

  • ネットブラウジング
  • ブログ作成(このブログ記事もChromebookで作成しています)
  • 日経電子版の紙面ビューワー

デスクトップPCも保有していますが、このChromebookがメイン機種です。


次の機種に求めたいこと

今やすっかり手放せなくなったChromebookですが、どんどん進化していますのでやはり新製品が気になります。

次の機種に求めたいことは以下の通りです。

なお、今回選んだ5機種については、すべての条件を満たしていなくとも、いずれかの条件に合うものをピックアップしました。

画面は14インチ以上

40代となり視力が衰え、スマホでも本でも小さい文字が見づらくなってしまいました。

パソコンのサイズも10インチ程度ですと目がすぐに疲れてしまいます。でも14インチくらいあれば大丈夫です。今の機種も14インチあります。

欲を言えば14インチよりも大きなものがあればいいと思っています。

重さは1.33キロ以下

帰省や出張の際の手荷物はChromebook以外にもたくさんあります。仕事用のPCも持ち歩かなければならない場合もあります。

よって、Chromebookは軽いに越したことはありません。

今のChromebookが1.33キロですので、それよりも軽いのがあればいいです。

値段は5万円以下(今のは34,980円で購入)

Chromebookで大抵のことはできますが、全てではありません。画像編集など、Windows PCが得意とする作業もあります。

したがいまして、その機能差の分、Chromebookの価格はWindows PCに比べて安くて当たり前です。その低価格もChromebookの魅力の一つです。

よって、値段が5万円以下であることも次の機種には求めたいです。

タッチパネル搭載

タッチパネル機能は以下のような時にとても便利です。

  • 新幹線の座席などの限られた場所で作業をしなければならない時
  • Kindleで電子書籍を読む時
  • 日経電子ビューワーで新聞を読む時(ピンチアウトで記事を拡大させることができます)

重視しなかった点およびその理由

反対に、重要視しなかった点およびその理由は以下のとおりです。

CPU

Chromebookの特性上、CPUのスペックが低くても快適に作動するため

メモリ容量

Chromebookの特性上、4Gあれば十分です。今回ご紹介の機種はすべて4G以上です。

ストレージ容量

Chromebookの特性上、機種間であまり差がありません。また、SDカードの差し込みで拡張可能です。

Chromebookヘビーユーザーの私が次に狙う機種5選

日本エイサー Google Chromebook Acer ノートパソコン CB315-3H-A14P 15.6インチ 日本語キーボード Celeron N4020 4GBメモリ 64GB eMMC microSD カードリーダー

画面が15.6インチあります。快適に作業ができそうです。ただし、タッチパネルは非対応です。

またお値段はショップによって異なりますが、3万円台で買えるのも魅力です。


Google Chromebook Acer ノートパソコン CB314-1H-A14P 14インチ 日本語キーボード Celeron<R> N4020 4GBメモリ 64GB eMMC microSD<TM> カードリーダー

最安値が3万円を切ります。ただし、タッチパネルは非対応です。

万一今の機種が破損してしまった場合は、私にとっては有力な代替機種候補です。


ASUS Chromebook Flip C436FA(インテル Core i3-10110U/8GB, 128GB/Type-C 給電/Webカメラ/FHD(1,920×1,080ドット)/タッチパネル/14インチ/日本語キーボード/Wifi 6)【日本正規代理店品】【あんしん保証】C436FA-E10161

重量が1.15キロと軽量なのが魅力です。外出のお供にちょうど良さそうです。タッチパネル対応。

価格が高いのが難点。


ASUS Chromebook Flip C436FA(インテル Core i5-10210U/8GB, 256GB/Type-C 給電/Webカメラ/FHD(1,920×1,080ドット)/タッチパネル/14インチ/日本語キーボード/Wifi 6)【日本正規代理店品】【あんしん保証】C436FA-E10068 ホワイト

上記の機種との性能の主な差は、CPUとストレージ容量です。

こちらのほうがスペックが高い分、価格は高めです。


ASUS Chromebook Flip C436FA(インテル Core i7-10510U/16GB, 512GB/Type-C 給電/Webカメラ/FHD(1,920×1,080ドット)/タッチパネル/14インチ/日本語キーボード/Wifi 6)【日本正規代理店品】【あんしん保証】C436FA-E10162

上記の機種からさらにスペックが高い機種です。


関連記事

まとめ

かなのん

記事を書いていてますますほしくなってしまいました。

みなさんにピッタリのChromebook選びの参考になればと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です