現役投資家が徹底解説!【国内ETF 1476】 iシェアーズ・コア Jリート ETF 分配金は?メリット・デメリットは?

かなのん

今回は、iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)について徹底解説いたします。

まずは全体像から理解しよう!

かなのん

全体像から把握すると、より理解を深めることができます。

国内ETFについて

ETFとは、Exchange Traded Fund の略で、日本語では「上場投資信託」といいます。

ETFは、株式や債券などの複数の有価証券を組み合わせてパッケージ化して1つの金融商品にしたもので、株式と同様に市場で売買ができます。

日本の株式市場で取引されるETFと海外市場で取引されるETFを区別するために前者を「国内ETF」、後者を「海外ETF」と呼んでいます。

今回ご紹介のiシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)は、国内ETFの一つです。

インデックス投資について

かなのん

インデックス投資とは、特定のインデックス(市場の動きを示す指数)と連動した値動きを目指す投資方法です。

ETF(国内・海外)は、そのインデックスと同じ値動きをすることを目指して設計されています。

インデックスの代表例は、日経平均やTOPIX、ダウ工業株平均といった株価指数です。

日本のメディアの中には、インデックス投資は、投資信託でしかできないと紹介しているものもありますが、それは違います。

ETF(国内・海外)でもインデックス投資は可能です。

ご説明の通り、ETF(国内・海外)は、特定の「インデックス(市場の動きを示す指数)」と同じ値動きをすることを目指して設計されているからです。

投資信託と比較した場合の、国内ETFのメリット・デメリット

かなのん

投資信託と比較した場合の、国内ETFのメリット・デメリットは次の通りです。

国内ETFのメリット

・同じ投資対象(インデックス)であれば、運営コスト(経費・信託報酬)は、国内ETFの方が投資信託よりも安いものが多い。

・国内ETFは、株と同じように市場で取引できる。

・国内ETFは、配当を受け取ることができる。(投資信託でも配当は生じますが、多くは再投資に回されるため実感がわかない)

国内ETFのデメリット

・投資信託に比べて購入方法が分かりづらい。

・規模が小さいETFだと、取引回数が少ないため流動性(≒換金性)が低いものがある。

・運営コスト(経費・信託報酬)に関して、すべての国内ETFが投資信託に対して優位性があるわけではない。

iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)の特徴

かなのん

iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)の特徴は次の通りです。

(参考:銘柄コードについて)

「 iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)」の「1476」は、「 iシェアーズ・コア Jリート ETF」固有の銘柄コードを指します。

証券会社を通じて「 iシェアーズ・コア Jリート ETF」を購入する場合は、通常は、この銘柄コードを指定して売買を行います。

インデックス(市場の動きを示す指数)

かなのん

iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)のインデックス(市場の動きを示す指数)は、「東証REIT指数」です。

東証REIT指数は、東証市場に上場するREIT全銘柄を対象とした株価指数です。

したがって、 iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)を購入すれば、実質的に東証市場に上場するすべてのREITをひとまとめに投資しているのと同等の効果が得られます。

2021年時点では、61の銘柄が組み入れられています。

東証REIT指数に組み入れられている銘柄の代表的なものをご紹介します。

  • 日本ビルファンド投資法人
  • ジャパンリアルエステイト投資法人
  • GLP投資法人
  • 日本都市ファンド投資法人
  • 日本プロロジスリート投資法人

REITを一口だけ買う場合であっても、安いものは1口5万円程度から、高いものだと70万円程度かかります。

これらすべての銘柄をそろえるのは一般の個人投資家にとっては難しいですが、 iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)を買えばこれらをまとめて購入したのと同等の効果が得られます。

かなのん

また、注目すべきは分散効果です。

一つのREITだけでも、複数の不動産を対象とした投資を行っていますので、すでに資産が分散されていることになります。

複数のREITをさらに束ねてひとまとめているのですから、相当の分散効果があります。

信託報酬率

本ファンドの信託報酬率(税抜)は0.165%と、不動産を対象としたETFの中では低い部類に属しています。(2022年9月11日現在)

最新の信託報酬率の情報はこちら

※楽天証券のHPに移動します。

年間の分配回数

年間の分配回数は4回です。

つまり、3か月に一回、分配金をもらうことができます。

決算月(分配金が決められるタイミング)は次の通りです。

2月、5月、8月、11月の各9日

かなのん

決算月に分配金がもらえるわけではありません。

決算月と実際の入金までにはタイムラグがあるからです。

実際の受取月は以下の通りです。

3月、6月、9月、12月

配当利回りは?実際の受取額は?

かなのん

だいたい3%前後の分配金を受け取ることができています。

ただし、3%前後というのは、税引き前の分配金であることには注意が必要です。

実際には、分配金から20.135% (所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%)を控除した額が、個人の証券口座などに振り込まれます。

また、配当利回り3%は、年間の受け取りに換算した場合の利回りです。

実際には4回に分けて支払われますので、1回の受取額はその約4分の1ということになります。

かなのん

したがって、投資した額に対する1回あたりの実質的な分配金受取額については、次の式が目安になります。

「投資した金額」×3%(配当利回り)×1/4(4分割)×0.8(100%-約20%(税金分))=1回あたりの実質的な分配金受取額

仮に10万円を投資した場合は次の通りでとなります。

10万円(投資した金額)×3%(およその配当利回り)×1/4(4分割)×0.8(100%-約20%(税金分))=600円(1回あたりの実質的な分配金受取額)

かなのん

他の金融商品からの配当金・分配金を含めた、実際の受け取りについてはこちらをご覧ください。

資産運用・投資成績・ポートフォリオのカテゴリーはこちら

かなのん

最新の株価、配当利回りについてはこちらをご覧ください。

※楽天証券のHPに移動します。

最新の株価・配当利回りはこちら

メリットは?

かなのん

iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)には次のようなメリットがあります。

  • これを買うだけで日本で公開取引されているREITにまとめて投資したのとほぼ同じ効果が得られる。
  • 3%前後の配当利回りが期待できる。
  • 経費率は東証REIT指数をインデックスとしたETFの中では比較的安い。
  • 年に4回配当がもらえる。
  • 小口(1口)から購入できる。

この記事を書いている時点では、iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)の一口あたりの値段は約2,000円ほどです。

一口から買えますので小額から始めることができます。

また、投資信託とは違って、iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)は株と同じように取引時間はリアルタイムで取引価格が変化します。

日々の経済状況、国内のREITの全体の値動きが瞬時に株価に反映されますので、投資のコツをつかむにはちょうどいいと思います。

かなのん

松井証券なら「1日50万円」以下の株式取引までなら手数料が無料ですのでおすすめです。

もちろん、口座開設費用・維持費も無料です。

松井証券

デメリットは?

かなのん

メリットもあればデメリットもあります。

  • 景気の影響により値下がりするリスクがある。
  • 配当利回りが減少する可能性がある。
  • 不動産固有の値下がりリスクもある。(コロナによる商業用不動産の需要消失など)
  • 価格変動幅も意外と大きい。
  • 比較的安いとはいえ、保有コスト(信託報酬)がかかる。(個別のREITを購入した場合は保有コストはかからない)
  • 現物不動産投資における、マンション一室、一棟のオーナーのような、大家さんにはなれない。
かなのん

現物不動産投資とJ-REITの比較についてはこちらの記事をご覧ください。

どのような投資スタイルの人に向いているの?

かなのん

iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)は以下のような投資スタイルの方に向いていると思います。

  • どちらかというと配当重視の方
  • 日本のREITに幅広く分散投資されたい方
  • 小口から不動産投資を始めてみたい方
  • 短期的にひんぱんに売買を繰り返すのではなく、じっくりと中長期で資産運用をしたい方

保有した結果はどうなったの?

かなのん

iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)についてのぶっちゃけ話です。

iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)をまとめて購入したのは2021年5月10日ですので、およそ一年半ということになります。

今振り返ると、当時はコロナショックを抜け出して、上昇基調にあるときでした。

しかしながら、その後株価は上下を繰り返し、現時点では、評価額は若干のマイナスとなっています。(2022年9月11日時点はマイナス0.81%。)

なお、値動きの上下が激しい株式に比べ、ミドルリスク・ミドルリターンと評価されることもある不動産関連の投資ですが、私の経験上は全然ミドルリスク・ミドルリターンではなかったです。

コロナショックの時は、商業用の不動産を中心に将来的な不動産需要が不安視されたことで大きく値下がりしたことがあったからです。

日本の株式市場同様、REIT市場も全体としては横ばいの中で上下を繰り返しているといった感じですので、iシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)を資産運用のメインにはせずに、海外株式などを組み合わせて自分なりの資産バランスを考えて運用するのがよいというのが私の結論です。

かなのん

私の場合は、個別銘柄でもJ-REITを数多く保有していますが、すべてではありません。

これまで安定的に3%前後の配当金を受け取ることができていますし、他の資産との分散効果もありますので、今後もiシェアーズ・コア Jリート ETF(1476)を保有していきたいと思います。

かなのん

他の金融商品を含めた、資産評価額の増減の最新情報についてはこちらをご覧ください。

資産運用・投資成績・ポートフォリオのカテゴリーはこちら

かなのん

最後までご覧いただきありがとうございました。

ぜひ一緒に投資をしましょう!

あわせて読みたい

証券口座を開設(無料)しよう!

株を買うには証券会社で口座をつくる必要あります。おすすめの証券会社は以下の3つです。おすすめ証券会社とおすすめポイント

  • SBI証券👉・・・ネット証券口座開設数No.1(※記事更新時)業界屈指の格安手数料!取扱商品が豊富!
  • 楽天証券👉・・・楽天サービスとの相性バツグン!楽天ポイントも使える!銘柄分析が見やすい!
  • マネックス証券👉・・・充実の資産管理ツール!ワンタイムPWで安心のセキュリティ!はじめやすい手数料!

アプリ(無料)で資産管理をしよう!

また、資産管理には、約1000万人が使っている、家計簿・資産管理の無料アプリ 【マネーフォワード ME】が便利です。(私も使っています)

利用者数1000万人の無料アプリ【マネーフォワード ME】のダウンロードはこちらから!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FC2 ブログランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。